マカオ

スカイチーム上級会員でいくマカオ旅行⑤

こんにちは、まさあきです。

先日、更新したマカオ旅行の記事が想像以上にアクセスがあり驚いています。

スカイチーム上級会員でいくマカオ旅行④お久しぶりです。まさあきです。 さて、1ヶ月以上も間が空いてしまいましたが、私事の転勤による引っ越しや1ヶ月以上も体調不良が続いて...

コロナの影響で中国への旅行記事は人気がないかも・・・と思ったのですが、私の偏見だったようですね・・・。

改めて最初からご覧いただきたい方は下記よりどうぞ!

スカイチーム上級会員でいくマカオ旅行①こんにちは、まさあきです。 いよいよ東京オリンピックを迎える2020年となりました。 その2020年をマカオで迎えるべく、年...

2020年1月1日はIRエリアへ

2020年、新年を迎え、普段質素(?)な暮らしをしている私たち夫婦も1月1日くらいは豪華なホテルに泊まりたい・・・。

そんな思いで宿泊先に選んだのは

「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」

です。

ベネチアンホテルといえば、ベネチアン・リゾート・ラスベガスに代表される、ラスベガスを本社とした統合型リゾート運営会社、「サンズグループ」が運営するホテルの一つです。

このサンズグループ、ラスベガスが本社ですが日本人にとってはシンガポールにある「マリーナベイ・サンズ」の方がイメージがわきやすいかもしれません。
※マリーナベイ・サンズはコナンの映画にも出てきましたしね・・・

少し脱線してしまいました。

私たち夫婦が宿泊したベネチアンマカオですが、大きな特徴がいくつかあります。
・イタリアのベネチアをイメージした豪華な内装
・全室スイート以上で総客室数はなんと3000室(!)
・巨大カジノの規模は東京ドーム1.5個分(!)
・ショッピングモール直結、その広さは1日では堪能できないほど
と少し羅列したただけで文面からその凄さが伝わってきます。

ザ・ベネチアン・マカオへ

もともと事前情報から、凄まじい広さで1日で回り切れないという事がわかっていたため、ザ・ベネチアン・マカオへは朝から行くこととしていました。

10時にチェックアウトし、IRエリアへタクシーにて向かいます。

IRエリアへは海を渡らなければならないため、タクシーは必須です。

ベネチアンマカオが見えてきましたが、大きすぎてタクシーの窓からは全貌をとることができません・・・。

ベネチアンマカオの付近にも巨大ホテルが並びます。

真ん中にあるのはパリジャンホテルマカオ。
※こちらもサンズグループ・・・

エッフェル塔が目立ちますね・・・。本物2分の1の規模だとか・・・。

多くのホテルにショッピングモールが併設されており、それらが繋がっていることで隣のホテルのショッピングモールにも自然と行けてしまいます。

その結果、ものすごい規模のショッピングモールとなっており、地図なしでは確実に迷子になってしまいます。

一流の接客、さすがベネチアンマカオ

確実にチェックイン時間の前である午前11時にベネチアンマカオに到着しました。

タクシーを降りた瞬間から、一流の接客が始まります。

基本は英語ですが、スタッフの方も積極的に知っている日本語を使ってくれます。

チェックイン時間は15時だったのですが、12時30分から部屋へのチェックインが可能とのことで、大量の荷物は部屋に運んでおいてくれるとのこと。

チェックインまで早速、ウロウロすることに。

ホテルのエントランスから凄まじい異国感

タクシーを降りたときから感じていましたが、マカオにいるとは思えない異国感です。

エントランスからヨーロッパが広がっています。

そして、ホテルの中に入った瞬間に言葉を失ったのでした。

ご、豪華すぎる・・・この金ピカ空間はなんなんだ(語彙力)

そして、凄まじく良い香りがします。

後ほど、調べたところ白檀の代わりだそうで・・・。

天井もこんな感じになっちゃってます。

多少の作り物感はありますが、ヨーロッパには1回しか行ったことがないので・・・これでも十分凄いと思ってしまいました。

メインの通路を抜けていくと、いきなりカジノがあります。

このカジノの存在が非常にややこしい。

なぜなら、カジノに入らなければ、ショッピングモールにも部屋にも行けません。

当たり前ですが、カジノに入るためにはセキュリティチェックがあります。

そう、その都度、パスポートの提示手荷物検査があるのです。。。

これは本当にやっかいでした。

ホテルは1階がカジノ。2階より上はショッピングモールです。

ちらっとカジノが写ってますね。

止まって写真を撮っていたら、セキュリティの方に注意されてしまいました。

ショッピングモールはお台場のあの施設に・・・

ショッピングモールに入るとベネチアらしさが更に広がりました。

川も流れていますし、ゴンドラ(※有料)もあります。

異国感はあるのですが、空の偽物感はどこかで見たことが・・・。

そう、これはお台場にあるヴィーナスフォートですね。

ブランドショップが並び、人でいっぱいです。

ベネチアンホテルからパリジャンホテルにつながっていたので見に行ってみることに。

おしゃれなカフェがあったので、奥さんが思わず寄りたいとのことから入ってみました!

これはペガサスとのこと!日本語が上手な店員さんがいました。このIRエリアには日本人もたくさん来るのでしょうね!

アフタヌーンティーセットを注文。

一番上に載っているのは、そばです。

そばの違和感がすごい。

いよいよ部屋へ

そんなこんなで、ウロウロしていると部屋に入ることの出来る時間を大幅に超えてしまいましたが、ショッピングモールを歩くのもかなり疲労してきましたので、チェックインすることに。

チェックインカウンターを探すことも一苦労です・・・。

ベネチアンマカオは先述の通り、3000室を有していますので、チェックインするのも結構並びます。数十分並びます。

皆さんかなりイライラされておりました(特に中国本土の方々)が、こちらは日頃から並ぶことに鍛えられている東京のサラリーマン。(苦笑)

のんびり待ちます。

部屋の地図を貰い無事チェックインできました。

部屋の地図はかなり重要です。チェックインカウンターから数分でたどり着ける場所に部屋はありません・・・。失くすと部屋に戻ってこれない可能性が高いです。

今回は一番下のスイートルームになり、約2万円台半ばくらいの金額でした。

かなり高い場所にある部屋で、窓からはすさまじい部屋の数を見ることができます。

部屋の中はかなり広め。

奥さんのテンションも上がりまくりでした。

このあと、カジノに行きましたが全く勝てず・・・(;´・ω・)

次回、IRエリアの夜景をご紹介します!

ABOUT ME
まさあき
北海道生まれ、東京都在住のANA・JALマイラー。JALサファイア上級会員。マイルを貯めることに魅了され、特典航空券で海外旅行に行くまでに。最近では台湾にハマっています。