「どこかにマイル」の旅先で困らないために!JALマイルの意外な活用法!




「どこかにマイル」の意外な活用法

たった6000マイルで日本のどこかにいけるJALの「どこかにマイル」。

私も先日申込みをして、広島に行くことになりました。

どこかにマイル行き先決定!なんと申し込み翌日に行き先が!

2019.05.05

どこかにマイルは少ないマイルで行けるメリットがある反面、意外なデメリットがあるのはご存知でしょうか。

選択肢に出てくるのは搭乗率の低いエリアが中心

どこかにマイルの申込みができるのは1ヶ月前からです。

裏を返すと、その時点で空席の多い旅先が候補となります。

したがって羽田の例でいくと新千歳や伊丹などが当たるケースは少ないと言えます。

また人気路線の那覇は、時間帯や時期によっては選択肢に出るようです。

宮古や石垣にも挑戦しましたが、選択肢には全くといいほど出ませんでした。

つまり、搭乗率の低いエリア・・・東北や四国、山陰、九州などが選択肢に上がりやすくなっています。
(※その地域の方、悪気はないので許してください・・・)

そんな選択肢に入る旅行先で困るのが、そう交通手段です。

車か鉄道を利用することになるでしょう。

乗り放題のJRチケットをマイルで購入できる!

どこかにマイルの旅行先で四国・九州になった方には朗報です。

なんと、追加マイルでJRの乗り放題チケットに申し込みが可能です!

四国の場合は「四国全線フリーきっぷ」

四国が行き先の場合は「四国全線フリーきっぷ」に申し込みが可能です。

大人1名1日あたり3500マイルとなります。

特急・普通列車の自由席に乗り放題です。

JR四国で同様の商品はありません。

類似商品では「四国フリーきっぷ」があり、特急・普通列車に3日間乗り放題で16140円となっています。

比較対象はこの商品になりそうですね。

九州が行き先の場合は更に選択が豊富に!

行き先が九州になった場合は更にJRの商品が充実します。

・JR九州北九州フリーきっぷ 2日間(!)2000マイル
・JR九州由布院・別府フリーきっぷ 3日間 6000マイル
・JR九州西九州フリーきっぷ 3日間 6000マイル
いずれも特急列車自由席乗り放題という、特急至上主義であるJR九州ならではの破格なマイル数です。

特に北九州フリーきっぷは2日間でわずか2000マイル

なお、当日指定席があいていれば指定席料金を追加で指定席も利用可能になっています。

利用区間は下記エリアになっています。

なお、JR九州のサイトを検索してみたところ、執筆時点で特急タイプのフリーきっぷは展開していませんでした。

つまり完全にどこかにマイルとのコラボ商品ということですね。

JR九州はマイルを使う価値あり!ただし・・・。

JR四国のきっぷに関しては1日あたり3500マイルであること対し、通常商品が3日乗り放題が16140円と微妙な商品設定ですが、JR九州は破格のマイル設定で、乗り放題であればマイルを使う価値があると言えます。

ただし、JR九州は特急列車の早期予約が安価なため、単純往復の場合、マイルを損するケースがあります。

まずは行きたいところをよく考えてから申し込みしたほうが良いでしょう。

チケットの発行には7~10日程度かかります。

これらのチケット発行には7~10日程度要します。

どこかにマイルの申し込みが直前すぎる場合は間に合いません。ご留意ください。

どこかにマイルの完成度は非常に高い

単純な特典航空券の提供だけではなく、行き先を考慮した「どこかにマイル」の商品の完成度は非常に高いといえます。

先日、システムエラーになったANAのトクたびマイルが5月14日17時に改めてリリースされますが、中途半端な商品では太刀打ちできない可能性もあります。

ANAの新企画・トクたびマイルがあっさり中止に!

2019.04.07

いずれにしても、マイルを使う側の私達マイラーにはメリットが多い商品であることは確かですので、うまく活用してこれまで以上に飛んでいきたいですね!

今日もご覧いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

北海道生まれ、神奈川県在住のそこら辺にいるただのサラリーマンです。マイルを貯めることにハマり海外旅行に行くまでに・・・。その他写真、街歩き、雑記など、自由気ままに書いています。